RE:Walkもう一度歩くための闘病日記

リハビリ闘病日記 2018年11月〜下肢CRPSの再発を経験中です。一度完治してからの再発は珍しい。それでも歩くために努力します

オリパラ延期決定。

2020年3月25日

 

f:id:rewalkpro1212:20200327072426j:image


f:id:rewalkpro1212:20200327072423j:image


オリンピックが延期になった。

わたしにとってはチャンスと捉えて良いでしょうか。

観戦に行く予定の私にとってはとても有り難い。安心した。  

頑張っていれば本当にチャンスは来るのかもしれない。

なんて思った。

 

来年には歩いて行けるように頑張りたい。

 

 

 

湯船につかれた日から、

週一のハーバード浴が好きになった。

 


10時〜トイレへ

10時半〜 シャワー、入浴

 


ハーバード浴、入浴がとても気持ち良くて、毎週が楽しみになってる。ケラケラ笑ってる。つられて看護師さんたちも笑う。

 

いい時間になる。

 


11時半 精神科医 回診

最近の症状のことを話した。

 


先週は、先生からリハビリ病院への転院の話もあってびっくりしていたけれど、

病院の規則とか

制度とか、ソーシャルワーカーに話を聞いたりいろいろ調べていったら

このままここの病院に居て大丈夫なようなので。引き継ぎ頑張っていきましょうと。

手帳とか、労災のことが落ち着いてから生活場所は考えていく

 


と言ってくれた。

 


あと何か不安なこととかありますか?

と聞かれて、

 


先生のいまのことばで

不安がなくなりました。

 


と伝えた。

 

 

 

痛みに耐えながらCPMをやる人と、

やりながら寝れる人それぞれいる。

 


15時〜CPM 50〜70度 20分

 


『動けるようになって帰りたい』

 


その、目標はみんな一緒だから

一人で背追い込まないでね

 


頑張ってるの知ってるから。

 


と看護師さん。

 

 

 

16時30ころ〜 PTとOT合同リハビリ

 


病室で、

ポータブルトイレに移る練習をした。

いろんな道具を使いながら全介助で。

 

「これじゃあここに入院するまでの状況と変わらないよ!」と思わず一言出てしまった。

 

悔しかった。

 


「その状況からさらに悪くなったでしょう。端座位もできず、実際3人いないと移動できない状態。だからまずはそこに戻さなきゃ。」と原監督。言ってることは分かるが、悔しい。

 

 

 

汗だく。暑い。

皆んなで汗をかいた。

 


下肢が痛い。

背中が痛い。

 


だけど座位姿勢が良くなった。

 


首も頑張って保てる。

 

 

 

精神科の先生からの指示で、

次からは意識が飛んだり疲れたりしたらリハビリを止めるとのこと。

危険を回避して、安全第一でいくと。

 

疲れず、でも階段はちょっとずつ上がるようにちょうどいいところを見つけていこうということになった。私が疲れていたらきちんとそれを伝えて、セーブする。コントロールできるようになることも大切。

 


先週は、ちょっと頑張りすぎたんだよきっと

と原監督。

 


今日のリハビリもちゃんと頑張った。

 


グッジョブ!

 

最近そのグッジョブということばに

ハマっている。

 


向かいの方と少し話した。気分が紛れた。

 


かわいい顔して

綺麗な声して!

 


と褒められた。

 


障害があっても、

話はできる。

 

 

 

最近体勢を変えるまたはねじるだけでも

めまいが酷くなった。

 


以前のような地震のように揺れるではなく

ぐるぐる回る、回転性めまい。

 

 

 

でも今日も周りのおかげで頑張れました。

 

 


ありがとう。

 

 

 

身体を酷使したら

しっかりとメンテナンスを。

 


健康な方にも、健康になった私にも

伝えたい。

 

 

 

【備忘録】
仰向けで寝れるようになったのが今の

大きなポイント。

仰向けの獲得。

逆に左側臥位だと

関節がもろいせいか

当たってるところ全部激痛。