RE:Walkもう一度歩くためのCRPS闘病日記

CRPSリハビリ闘病日記 2018年11月〜下肢CRPSの再発を経験中です。一度完治してからの再発は珍しい。それでも歩くために努力します

主治医と話した後の私について

2020年4月4日


朝ごはんのあと〜

虚脱状態

(と母に言われた)

 

 

9時30分ころ

身体拭きの時間で、看護師が回ってきた。

 

フォーレの挿入部位を洗うのも

自分でやりますと

 

泣きながら看護師に言った。

 


「なんで?どうしたの?放っておけないよ」

 

と聴いてくれた。

 

昨日主治医と話したことや、苦しかったことなどを話した最後に、
『自分でやらないとと思ったから、

管を抜くためにもこれくらいやらなきゃと思ったから』と伝えた。

 


そうだ、私はやらないといけないことがある。前向きにがんばろう。

 

 

言わなくていいことだと思っている医師と

知りたいと思っている患者。

 


すれ違いが生んだ信頼関係の崩壊。

 


それだけのこと。

 

「治したい」という方向は一緒なのだ。

 

 

CPM

45〜90

20分

 


成長ぶりに、看護師も母もびっくり。

最初は10回でも難しかったのに。

 

 

先生からの診察条件を思い出した。

脚を診れるまで、まず座れるようになって。

 

まずそこから、と。

 

 

「自分を取り戻せました」と言えれば最高。

 

 

 

その後

握力ハンド?みたいなやつで自主トレ。

 

看護師が、頑張っているね、すごいと言ってくれたが、

私は、「もっと頑張りたいんですけどね」


と言った。

 


すると、「着実に変化はあるし、良くなってきてるから。頑張ったことができるようになってきたから」と言ってくれた。

 


15時〜トイレ移乗練習

 

 

2020年4月5日

 

11時

フェントステープ貼り替え

ポータブルトイレ移乗練習(看護師2人)

 


お昼は

疲労からなのか、寝ていた。

遅れて昼食を食べた。

 

 

14時

シャンプー(母からしてもらった)


右足の痛みも強かったけど、おしりや腰がずって身体が痛かった。右足はクーリングで紛れるけれど、保冷剤が緩くなっていたのもある。

 


16時ころ

CPM 45〜80度

15分くらい

 

 


昨夜、睡眠薬ネルボン)を飲まないで寝てみた。

0時以降はちゃんと眠れた。

今日眠気が残っていて、朝食後にバタッと眠っていた。

 

慣れれば、眠剤は飲まなくても良さそう。活動量も増えてきたし、良いタイミングだったと思う。感覚でタイミングを逃さなかった

自分を珍しく褒めたい。

 

 

睡眠薬を飲んで

私自身が知らないうちに

ラウンド(見回り)に来た看護師さんに

変なことを言ったり

甘えたりするならば

 

そんな薬やめてみてもいいかも。と思った。

 


できることは、できることから変えていく。

 


良い方にいい方に。

主治医と包み隠さず話したことは、

お互いの気持ちが分かった上に

自分を立て直すいいきっかけになった。

先生はどう感じているかわからないけれど。

 

 

20時ころ

背中や腰の痛み強くて腰の疲労に気づく。

 

意図せず左の足部が動く。

横になって側臥位で寝た。

 

f:id:rewalkpro1212:20200407205109j:image